岩手県盛岡市の進学塾

TEL0120-69-5798

営業時間
平日
15:00~22:00
土・日・祝
14:00~21:00

※水曜日は定休日となります

こんにちは、「未来」です。ー特別講座のご案内ー

こんにちは、「未来」です。ー特別講座のご案内ー

  • 2022.06.14
  • ブログ

盛岡市の進学塾TopNoteです。
本ページへのアクセス、誠にありがとうございます。

このたび、TopNoteは久慈市の最上位高対策専門塾「一葦会白樺館」とコラボし、特別講座を設置することとなりました。本ページではそのご案内をさせていただきます。

講師・教室プロフィール

2021年度中2生の英検®1級合格実績を持つ久慈市の「最上位高対策専門進学塾・一葦会白樺館」(いちいかい・しらかばかん)と「大逆転専門進学塾・TopNote」のコラボレーション。

海外大留学経験(米ワシントン州立大学・スタンフォード大学)のある一葦会代表講師・佐々木が週1回の集団授業を担当(TopNote定休日に実施予定)、TopNoteが個別対応・学習進捗管理を行います(※TopNote会員限定・本講座受講生限定の優遇措置あり)。

英語指導のプロが、盛岡の子どもたちの爆発的な成長を支援します!

一葦会とTopNoteが目指すもの

これからの入試は、『海外大現役合格』がスタンダードに

『笹川平和財団スカラシップ』の登場

「笹川平和財団スカラシップ」とは
https://www.spf.org/scholarship/

  • 英米のトップスクール(スタンフォード, アイビーリーグ、オックスフォード、ケンブリッジ等)学部合格者限定の「給付型(=返済不要)奨学金」。
    • 年齢制限・所得制限無し。
      • 毎年100人の採用予定で、卒業までの学費・生活費を全額支給。
        (上限額…“一年あたり” $ 95,000=1ドル135円で1,200万円以上。)
      • 国内の英米難関大合格者をカバーし得る規模。

➡「実力と実績」があれば、誰でも海外大に進学できる時代に。

『笹川平和財団スカラシップ』が育てたいのは「留学を将来の選択肢としてこなかった日本の若者」たち

「特に、経済的制約や適切な情報に接することができない、周囲の理解が得られないなどの理由から留学を将来の選択肢としてこなかった日本の若者に対し、豊富な情報提供や個別相談等の機会を設け、サポートします。」
https://www.spf.org/global-data/20220404_scholarship_overview.pdf

2022年現在の学年によって”やるべきこと”は違う

・現中3生以下

  • 英検®1級(英語圏の学部生レベルの英語力)の早期取得
  • 総合的探究のテーマ設定
  • 総合的探究・先取り学習に有利な高校への進学

・高校2・3年生:従来型入試での現役合格
(2026年実施の共通テストから「情報」が入試科目に追加※現高3は2浪・現高2は1浪で受験対象)

・高校1年生

  • 英検®1級の早期取得
    (2023年3月1級取得→23-24年シーズンの総合的探究に英語力を反映)
  • 総合的探究の活動開始
    (1学期末テスト終了後の毎年7月〜翌年6月のシーズンを22-23年・23-24年の2シーズン分実施)

必要なのは、「圧倒的な英語力」と「総合的探究の実績」

「英検®︎1級早期取得」がオススメな理由

  • 総合的探究に英語力を活用することで、他の受験生との違いが生まれる。
    (ネット情報の9割は英語メディア。英語でリサーチすることで総合的探究のグレードを数ランクアップできる上、オンラインで海外の研究者たちと連携・共同研究も可能に。)
  • 英語は、国内大一般入試でも文理問わず高配点(例:東北大)
    →国内大入試も有利に進められる。
  • 中学・高校在学中に英検®1級取得(海外大学部生レベルの英語力)
    →英語の学習を先取りすることで、他教科の学習に集中できる。

中学〜高1で英検®1級を早期取得すれば、余裕を持って国内大・海外大受験を進めることができます。盛岡の意欲ある生徒の皆様に圧倒的な英語力を身につけていただき、現状では想像すらできないような未来を、現実のものにしていただくこと。それが今回のコラボの目的でございます。

特別講座1:英検®︎1級・2級速習講座@盛岡

  • 対象:小6生〜高2生
    ※現高3生のご受講は一度ご相談ください。(第3回英検®が入試シーズンと重なるため)
  • 期間:2022年8月17日〜2023年2月15日(毎週水曜18:30〜21:20)
    (プレ講座:2022年8月8日(月)〜8月11日(木)13:00〜15:50)
  • 会場:「大逆転専門塾TopNote」
    (プレ講座のみ「岩手県公会堂」(岩手県盛岡市内丸11−2)にて実施)
  • 概要:2022年度第2回英検®(2022年10・11月)での2級取得
       および同年度第3回英検®(2023年1月・2月)での1級取得を目指す講座
  • 入会金:165,000円(TopNote塾生・同時入会の方は無料
  • 月額費用:先着6名様まで33,000円、12名様まで82,500円

<免責事項>

英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

特別講座2:一高・中央高一種特待対策講座@盛岡

海外大・国内難関大を目指すために、県内で最も有利な高校にたどりつくための講座となります。

  • 対象:中3生限定
    (中1・2生の先取り学習応援します。お電話(一葦会白樺館090−9121−4485)にてご相談ください。)
  • 期間:2022年9月〜3月(日時等詳細はHPにて発表)
  • 会場:「岩手県公会堂」(岩手県盛岡市内丸11−2)
  • 概要:受講生(48名定員)の白ゆりテストクラス平均5教科450点以上(※注1)・盛岡中央高校の前期入試の教科平均90点以上(一種学力特待=学費全額免除)を目指す講座
    • ※注1:2022年3月の岩手県公立高校入試の5教科450点以上…全県で61名のみ
        :盛岡一高の定員…280名
       ・県全体の学力低下➡20年前の「当たり前」(=教科平均90点・5教科合計450点以上)ができれば、盛岡一高に行ける。
  • 目標:「盛岡一高の合格者平均点(5教科合計)を、48人で『5点』上げること」(※注2)
    • ※注2:盛一の例年の合格者平均点…420点〜440点。
          48人が合格者平均点より「5教科で+30点・1教科当たり+6点」高ければ、合格者全体の平均点が5点上がる。
      (30点×48人(クラス定員)÷280人(盛一定員)=5.14点。岩手県公立高校入試の1問あたりの得点期待値は、国語5点・数学4点・他3教科3点。各教科のミスを1〜2問以内に収められれば、上記の目標が達成される。)
  • 「志望校を見上げる自分」から、「志望校に“与えられるジブン”」になろう!

一葦会の指導方法

「必要なのは、”1問1分以内×正答率96%の演習力”」
岩手県公立高校入試の出題数は、各教科20〜30問程度。
全問回答(完答)した上で1問あたり平均1分の見直し時間を作るには、「1問あたり1分以内」で回答する必要があります。

一葦会ではこの”1問1分以内×正答率96%の演習力”を実現するために、学習指導要領範囲内の問題の解法を「”3ステップ・5秒以内で解ける”魔法の解法・コアソリューション」にまとめています。

  1. 「コアソリューション」の確立
    例題解説で教科書レベルの基本問題を「コアソリューション」にまとめます。
  2. ”超短時間演習”で「コアソリューション」定着を徹底
    例題解説で「コアソリューション」の理解に導いた後は、1問5〜10秒の短時間で数十問の大量の演習をこなす”超短時間演習”で、回答に必要な条件を視認し次第、自然と「コアソリューション→回答」が引き出される、無意識レベルの条件付けが為された状態(問題を見た瞬間に自然と答えが浮かんでくる「見れば分かる」状態)に導きます。
  3. 応用問題も、「コアソリューション」の組み合わせで「見れば分かる」に導きます。
    複雑な応用問題も、「コアソリューション」の組み合わせでシンプルに整理。
    出題傾向の類型化と併せて直観的な理解に導き、難しい問題でも初見で無意識に複数の回答が浮かぶ状態を演出します。

お問い合わせはこちらから!

講座内容の説明をご希望の方
一葦会白樺館代表:佐々木 090−9121−4485

受講手続きをご希望の方・TopNoteでのフォロー体制について知りたい方・学習相談をご希望の方
こちらから、「その他ご相談ご質問等」の欄に「英検講座希望」「一高・中央高一種特待対策講座希望」に旨ご記入の上お問い合わせください。
※講座の性質上、無料体験期間は設けておりませんのでご了承ください。
TopNote単独で開講の「プライム講座」「キッズ講座」は無料体験が可能です。

志望校に”与えられるジブン”・25歳の”なりたいジブン”」を一緒に創ろう。